スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

【変更登録】登録を受けている車の所有者、住所に変更があった場合

 2008-04-28
車の持ち主はそのままで引越しなどで住所が変わった場合、変更登録をする必要があります。

申請に必要な書類は下記のとおりです。

①手数料納付書
  自動車検査登録印紙を貼付けします。

②申請書
  OCR シート第1号または第2号様式。運輸支局内か周辺にある用紙販売所などで購入します。

③住所を証する書面
  住民票または印鑑証明書

④変更内容が確認できる書面
 発行よる3ヶ月以内の住民票、または戸籍謄本など

⑤自動車検査証
  車検証のことです。

また所有者、使用者が同じ場合は上記の書類に加え印鑑、委任状、自動車保管場所証明書(新しい住所の車庫証明で発行から1ヶ月以内のもの、但し使用の本拠地を変更した場合のみ)
所有者、使用者が異なる場合は所有者の印鑑・委任状、使用者の住所を証する書面・印鑑・委任状・自動車保管場所証明書(新しい住所の車庫証明で発行から1ヶ月以内のもの、但し使用の本拠地を変更した場合のみ)、自動車損害賠償責任保険(使用者が変わらない場合はいりません)
などが必要になります。


移転登録は使用の本拠の位置となる住所を管轄する運輸支局・自動車検査登録事務所で行います。

にほんブログ村 車ブログ 車 カスタム・整備へ

【新規登録】 新車・中古車でナンバーのついていない車を登録する場合

 2008-04-26
新車、中古車を購入したときそのままでは公道を走らせることはできません。
運輸支局または検査登録事務所登録申請をする必要があります。

申請に必要な書類は下記になります。

①手数料納付書
  陸運支局の売店で入手できます。自動車検査登録印紙及び自動車審査証紙、又は、自動車    登録印紙を貼付けし登録手数料を納付します。

②申請書
  OCR シート第1号または第2号様式。運輸支局内か周辺にある用紙販売所などで購入します。

③完成検査終了証
  発行されてから9ヶ月以内のもの(新車のみ)

④抹消登録証明書
  ナンバーのついていない中古車のみ

⑤自動車損害賠償責任保険証明書
  登録する車の車検の有効期間をカバーできるもの

⑥定期点検整備記録簿

⑦自動車重量税納付書
  該当する金額の自動車重量税の印紙を貼付けし納付します。

⑧譲渡証明書
  所有者が変わらない場合は不要

⑨自動車検査票
  持ち込みによる検査を受ける場合に必要になります。

⑩自動車通関証明書  
輸入車のみ必要になります。

また所有者、使用者が同じ場合は上記の書類に加え印鑑証明書、 印鑑、 委任状、 自動車保管場所証明書、所有者・使用者が異なる場合は 所有者の印鑑証明書、 所有者の印鑑、 所有者の委任状、 使用者の住所を証する書面、使用者の印鑑、 使用者の委任状、 使用者の自動車保管場所証明書などが必要になります。

新規登録は使用の本拠の位置となる住所を管轄する運輸支局・自動車検査登録事務所で行います。

自動車 バイクの種類

 2008-04-20
道路運送車両法で車、バイクは排気量、大きさによって分類されています。


【普通自動車】
4輪以上で排気量が2,001cc以上、大きさは小型自動車より大きいもの。
所謂3ナンバー車、トラックなどがこれにあたります。
管轄機関は運輸支局又は検査登録事務所になります。

【小型自動車】
4輪以上で排気量が660cc以上、2,000cc以下、大きさが長さ4.7m、幅1.7m、高さ2m以下のもの。
一般的な乗用車がこれにあたります。
管轄機関は運輸支局又は検査登録事務所になります。

【軽自動車】
3輪以上で排気量は660cc以下、長さ3.4m、幅1.48m、高さ2m以下のもの。
所謂、軽ヨンというのがこれです。ナンバープレートが黄色(自家用)になります。
管轄機関は軽自動車検査協会になります。

【小型2輪自動車】
排気量が251cc以上、長さ4.7m、幅1.7m、高さ2m以下のもの。
400cc、ナナハンなどの大型オートバイがこれです。
車検が必要になります。
管轄機関は運輸支局又は検査登録事務所です。

【軽2輪自動車】
排気量が126cc~250cc以下、大きさは長さ2.5m、幅1.3m、高さ2m以下のもの。
一般的な250ccのバイクです。
車検がありません。
管轄機関は運輸支局又は検査登録事務所です。

【第2種原動機付自転車】
排気量が51cc~125cc以下、大きさは長さ2.5m、幅1.3m、高さ2m以下のもの。
原付2種と呼ばれるものです。
管轄機関は市区町村の役所です。

【第1種原動機付自転車】
排気量が50cc以下、大きさは長さ2.5m、幅1.3m、高さ2m以下のもの。
原付といわれるのがこれにあたります。
管轄機関は市区町村の役所です。

この他にブルドーザー、クレーン車などの大型特殊自動車、フォークリフトなどの
小型特殊自動車があります。







自動車の登録手続の種類

 2008-04-13
自動車の登録手続はご自分のご住所を管轄する運輸支局、検査登録事務所でしなければなりません。
登録手続の種類は次のようなものがあります。

【新規登録】
登録を受けていない自動車を登録することです。
新車を購入した場合の新車新規登録と抹消登録した自動車を再度登録する中古車新規登録があります。

【移転登録】
自動車を売買などで譲り渡したり、譲り受けたりしたときに自動車の所有者の変更をする登録です。
また所有者が死亡した場合、相続人は相続の手続として移転登録をしなくてはいけません。

【変更登録】
所有者がそのままで結婚などで氏名が変わった、引越しで住所が変わったなどの場合にする登録です。

【抹消登録】
自動車をスクラップにし再び使用しないとき、自動車の使用を一時中止するときなど登録された自動車を廃車する場合にする登録です。

【番号変更】
ナンバープレートを破損、紛失したときに必要な手続です。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。